風水と引っ越しについて

MENU

風水と引っ越しの関係性

こちらでは風水から見た引っ越し時の気を付ける点などを紹介していきます。

 

新居の下見や相場の見積もりには、午前中であることと「気」について注意してみましょう。

 

日々の暮らしに風水の知識を取り込んでいる人は結構いらっしゃいます。転居など、とくに物件を購入する場合なんかは、ゲン担ぎも兼ねて風水を取り入れることを実践してみる人は多いのです。特に中国や香港などでは、その傾向が強いそうですね。

 

実際にいつだったかテレビで、風水を取り入れることで体調が改善したという番組を見たことがあります。

 

これはオカルトなどではなく、空気の流れが悪かった部屋が、風水を取り入れた家具等の配置にすることで、空気の流れが部屋全体にいきわたることがよかったのだそうです。

 

 

ところで風水では新居の下見を午前中に行うということが鉄則となっています。晴れた日の10時~正午の間であればなおいいです。

 

そのわけとは、午前中の時間帯は、人の直感が一番冴える時間帯だからなのだそうです。

 

実際には現代の日本人の職務はさまざまで、夜勤で仕事をする人などには当てはまらないような気もしますが、明るい内であれば部屋の中もわかりやすいですし、日のさし方や周辺の状況の様子もみることができます。

 

こういった一言では読み切れない根拠があったりもするので、なかなか馬鹿にもできないわけですね。

 

 

そしてもう1つ気にしておきたいのはが「気」です。

 

風水では湿気の状態をよく気にします。それは湿気が家を傷みやすくしたり、健康面においてもよろしくないとされることからなのです。

 

つまるところ、風通しの良い家であることが重要だということですね。