旧居をうまく退去するコツ

MENU

旧居をうまく退去するコツとは何でしょう?

転居日が決まった後は、とにもかくにも現状住んでいる部屋の大家さん、不動産に退去の意を示すことが必須ですよね。

 

その申し出は、基本退去する30日前までにはするようにとだいたい相場が決まっています。

 

ですが、この解約予告の告知期間とは、賃貸借契約書には必ず乗っていますので、場合によっては2ヵ月とか3ヵ月前だとか記されている物件もあり得るので注意しておきましょう。

 

そこに気づかずに、期間を過ぎて申告をしてしまうと、遅れた分の家賃をペナルティとして要求される恐れがあります。

 

しかも、万が一契約書に解約予告の告知期間が記されていない場合ですと、3ヵ月前までの予告が民法によって規定されてしまっていますので、注意が必要です。

 

簡単なのは、不動産の人にチェックしてもらい聞くことですね。

 

必要外の家賃出費を避けるために

退去予告から新たな住居へ引っ越しをするまでには、タイミングを損ねると同じ月の家賃を新居と旧居の両方で支払うことになってしまうハメになることもあり得ます。

 

中でも引越し先を決めた後に旧居の解約予告をするケースとなると、最悪の場合3か月分ほどの家賃を絞り取られることになるなんてことも考えられます。

 

故に解約予告の告知期間が長い場合には、引っ越しの見積もりと同様早め早めの行動をした方が吉となるでしょう。

 

転居先が決まったら、告知期間のぎりぎりあたりで契約をすることで、費用の負担が少なくなるのです。

 

逆に告知期間が短い場合は、その間に部屋探しも済ませなければならなくなりますが、退室予定日を過ぎてしまったとしても、強制的に退去させられうことはありません。

 

その場合は日割りで計算して長居した分の家賃を支払うことになるでしょう。