スケジュール表を作る

MENU

スケジュール表を作ることから始めてみましょう

転居を効率的に済ませるためには、最初の段取りの時点で大きく変わっていきます。

 

無駄な時間を使わず楽に引っ越しを済ませるためには、事前に内容を把握、作業時間の見積もりをとって予定を立てていくことが重要です。

 

転居では、主に1か月前から準備を開始するのがいいとだいたいの相場が決まっています。ですが人によっては勤務先の都合で2週間前などになってしまうかもしれません。

 

その場合はすべての作業を2倍速で行う必要があります。

 

やらなくてはいけない内容を時系列で紹介していってみましょう。

1ヵ月前
  • 転居先の下見
  • 不用品の処遇を決定
  • 子供の転校手続き

 

3週間前
  • 新しい住まいのレイアウトを考えておく
  • 電話回線の移行手続き
  • 挨拶状の手配

 

2週間前
  • 荷造り用のアイテムを用意して、使わないものから荷造りを開始する
  • 荷物リストを作る
  • 郵便局へ配達物転送届けを出す

 

1週間前
  • 荷造りの続き
  • 引越し先の掃除
  • 各役所へ転居の手続き(転居届・印鑑登録の抹消等)
  • 電気ガス水道の手続き
  • 銀行や郵便局、保険やクレジット会社と言った、重要な住所登録の変更
  • 公共料金等の自動振替を行っている場合は変更

 

前日
  • 冷蔵庫の整理(霜取り・水抜き)
  • ご近所の方達へ挨拶

 

当日
  • 残った荷物のまとめ、貴重品は手持ちで
  • 引っ越し作業の立ち合い
  • 旧居での電気ガス水道の閉栓、新居での開栓
  • 引っ越し業者への料金支払い
  • 忘れ物確認(物干し・家の外周・郵便受け・表札・押入れの中・風呂場・トイレ・ベランダ等)
  • キズや破損のチェック

 

転居後
  • 荷物整理
  • 周辺情報や交通手段を確認
  • ご近所へ挨拶状を投函
  • 役所で諸々の手続き
  • 免許の住所変更
  • 乗用車の登録変更